浮気調査をするにあたって、探偵事務所が予想外の行動をとることがあるので頭に入れておきましょう。
依頼者としてはそんなことは全く想定していないかもしれませんが、現実的になくはないこともあるのです。
それが浮気調査それ自体をターゲットにばらしてしまうということなのです。

探偵事務所側がターゲットに浮気調査を依頼されたことをばらすことがある

実際に報告されているケースとして、探偵が浮気調査をしている人間に対してそのことを話してしまうことがあるのです。
これは滅多にあることではないですけど、確実に起きることがないとも言えないことなので、用心しておかないといけません。

大手の信頼できるような探偵事務所であれば、まず大丈夫であると言えるでしょう。
しかし、知名度が落ちるようなところに関しては教育面が行き届きづらいこともあるので、要注意ということで頭に入れておくべきです。

そもそも浮気調査をターゲットに教えてしまう理由

この話に関してはそもそもどうして浮気調査をしている事実を教えてしまうのか?という疑問があるはずです。
これは要するに探偵の任務を忘れて、1人の人間として望ましいと思うような行動をとってしまったということが最大の原因になっていると考えられます。

つまり、浮気調査をしている間に浮気をしている人間というのが許せなくなってきてしまい、その結果浮気をやめてほしいということを伝えてしまうのです。
そういうことをすると、調査をしている事実がバレるので、それ以降は証拠を掴むことは当然ながらほぼ不可能です。
それで本人が浮気をやめる可能性もありますけど、結果について依頼者が必ずしも納得できるとは限らないので、こういうケースもあるということは知っておいた方が良いです。

関連する記事