浮気調査を探偵がターゲットにばらすケースがある

浮気調査をするにあたって、探偵事務所が予想外の行動をとることがあるので頭に入れておきましょう。
依頼者としてはそんなことは全く想定していないかもしれませんが、現実的になくはないこともあるのです。
それが浮気調査それ自体をターゲットにばらしてしまうということなのです。

探偵事務所側がターゲットに浮気調査を依頼されたことをばらすことがある

実際に報告されているケースとして、探偵が浮気調査をしている人間に対してそのことを話してしまうことがあるのです。
これは滅多にあることではないですけど、確実に起きることがないとも言えないことなので、用心しておかないといけません。

大手の信頼できるような探偵事務所であれば、まず大丈夫であると言えるでしょう。
しかし、知名度が落ちるようなところに関しては教育面が行き届きづらいこともあるので、要注意ということで頭に入れておくべきです。

そもそも浮気調査をターゲットに教えてしまう理由

この話に関してはそもそもどうして浮気調査をしている事実を教えてしまうのか?という疑問があるはずです。
これは要するに探偵の任務を忘れて、1人の人間として望ましいと思うような行動をとってしまったということが最大の原因になっていると考えられます。

つまり、浮気調査をしている間に浮気をしている人間というのが許せなくなってきてしまい、その結果浮気をやめてほしいということを伝えてしまうのです。
そういうことをすると、調査をしている事実がバレるので、それ以降は証拠を掴むことは当然ながらほぼ不可能です。
それで本人が浮気をやめる可能性もありますけど、結果について依頼者が必ずしも納得できるとは限らないので、こういうケースもあるということは知っておいた方が良いです。

浮気調査で得た証拠が証拠にならないケースもある

浮気調査を探偵事務所に依頼をすれば、仮に浮気を本当にしていたときには証拠を掴んでくれるはずだという期待が多くにはあるでしょう。
しかし、その期待は必ずしも現実のものとはならないケースが考えられます。
というのも、いざ裁判になったときに問題が発覚する場合があるからです。

浮気調査で得た証拠が証拠にならないことがある

浮気調査をしてくれる探偵事務所は、浮気をしているか?どうかをチェックして、浮気をしていたら証拠を掴んでくれる存在です。
証拠が掴めないということもあるのですが、証拠が掴めたと言われたときには依頼者としてはホッとするかもしれません。

ただ、その証拠というのは探偵事務所側が証拠だと思っているにすぎず、本当に証拠として機能するか?はその時点では何とも言えないのです。
証拠になるか?を判断するのは裁判官であり、証拠というのは結局は裁判で争うときに必要になるわけですから、実際に裁判になってから証拠として認められないケースがあることを頭に入れておくべきです。

裁判に持ち込まない場合には気にしなくてもいい

裁判で使う予定のときには、その浮気調査で得た証拠が本当に証拠と言えるのか?探偵事務所側に確認をしつこくしておく必要があります。
しかし、その証拠はターゲットに迫るためだけ、「あなた浮気しているでしょ?」と認めさせるためだけならば、そこまでやる必要はないでしょう。

裁判で認められるか?のレベルである必要はなく、言い逃れができないレベルであればいいので、そこまで証拠の質にこだわらないで良いと言えます。
証拠を何に使うか?によって、求める質という部分は確実に変わってきますから、浮気調査をするにあたっては、そこは頭に入れておくべきです。

自分で浮気調査をする簡単な方法

自分で浮気調査をする簡単な方法

動作をチェックする

一緒にいるときに、ちょっといつもと違うと思うことがあります。そてはそわそわしていたりするときや、なんとなく上ずっていると分かることがあるのです。妙に優しいと思うこともありますね。一緒にいるときに、相手の人はできるだけ浮気をしていることを隠そうとするのですがそれが完全にできないことがあります。その勘というものもとても重要です。おかしいと思うと、調べてみましょう。

財布を見てみる

財布というのは、いろいろな証拠が見つかることがあります。携帯電話などは、とても慎重に扱っていることがあるのですが、財布はそんなに慎重に扱うことが少ないのです。少し時間がある時などに、そこに置いていたらじっくり見てみることをおすすめします。その中には、領収書などを入れていることが多く、それで浮気の兆しや証拠を見つけることができます。買い物をしているなどは、直ぐにわかります。

クレジットの内容を見る

クレジットカードを使って、浮気をすることが多いです。その明細などがある場合は、それを見ることにより直ぐにわかります。明細書が家にある場合や、そのまま放置しているものがあると、それをみると何らかの証拠を見つけることができます。ホテルなどを利用していることもそれをみると直ぐにわかります。またブランド品を買ったりしていて、自分が知らない場合は浮気相手に買っていることも想像することができます。

いかがでしたか?浮気調査と言うと、探偵事務所に依頼をするものと思っていることがありますが、厚程度は自分で調べることができます。自分で浮気の証拠を押さえることもできるので、怪しい場合は行動してみましょう。

GPSを使って自分で浮気を調査する方法

パートナーの相手が浮気をしていると思ったときには、行動を知るために、GPS機器を仕掛けるのが良い方法のようです。
GPS機器を仕掛けるのに最適な場所があり、最適の場所の一つには車があります。
車のどこかに仕掛けたら良いのかポイントがあるので、紹介します。
さらに、どんなGPS機器があるのかも紹介します。

どんな場所にGPS機器を仕掛けるのが最適か

浮気を自分で調査するには、パートナーにGPS機器を仕掛けるのが重要になりますが、仕掛ける場所として最適な場所があります。
それは、自家用車の中や、バイク、パートナーがよく使うバックなどの中です。
また、パートナーが浮気するとにに持っていきそうなものに仕掛けるのも方法の一つです。
また、前提として仕掛けるスペースがある場所が良く、ポイントとしては、GPSを仕掛けても目立つ場所ではないところが良いです。
そしてGPS機器の取り外しをすることも踏まえると、車やバイクは最適な場所になります。

車にGPS機器を仕掛けるには

パートナーが乗る車にGPSを機器を仕掛けるという方法があります。
車を持っている人には有効で、トランクの目立たない場所に取り付けたり、車体の下に取り付けられます。
車が良い理由は隙間も多い上に、携帯電話ほどの大きさのGPS機器なら隠しやすいからです。
さらに小型のGPS機器なら車のさまざまなところへ隠せます。
また車外に取り付けるときには対策が必要になりますが、ネオジウム磁石がGPS機器と一緒にネットで売られているので、車体の下にも取り付けることがでにます。

GPS機器の種類はリアルタイム型とロガー型がある

一般的なGPSの機器は二種類あり、リアルタイムでGPS信号を発信し、パソコンなどでチェックできるリアルタイム型です。
もう一つは、機器にGPSの履歴を記憶させ、あとで回収しデータを吸い出すことで設置期間の行動をチェックする、ロガー型です。
リアルタイム型は、リアルタイムでパートナーの居場所を知ることができ、その位置を自宅のパソコンなどで知ることができます。
そして相手の浮気の現場へ行き写真などを撮り、証拠を掴むことができます。
ロガー型は、GPS機器を回収しGPSのログを確認して証拠を掴むものですが、利用することでどこに居たのか分かるので、浮気を疑われる場所を特定できる可能性が高くなります。

浮気調査は自分で行わずに専門業者に依頼するべきです。

パートナーの浮気は許されることではなく、疑いの気持ちを抱いていては良好な関係性は築けません。問い詰めたところで相手が否定すれば話は進まず、時間と労力を無駄にするばかりです。
当人同士の話し合いは、お互いの感情がぶつかり合って収拾がつかなくなる可能性が高いので、浮気調査の専門業者に依頼するのが良いです。

探偵事務所は浮気調査の専門家

浮気調査を自分で行うと感情が先立ってしまい、トラブルを大きくするだけで何の進展もないことがほとんどです。これは状況だけで浮気を疑って証拠がないためで、そういった部分を解決してくれるのが探偵事務所です。
依頼を受けた探偵事務所は、事前調査として依頼者から状況説明を受けます。それに基づいて、浮気が疑われる対象者の行動を観察します。
調査は24時間体制で行われ、対象者の行動を写真撮影したり音声を入手することまで可能です。実際に浮気をしていると、これだけの証拠を突きつけられたら言い訳できません。

調査後のフォローも充実

浮気調査が終わったら探偵事務所の仕事は終わりというイメージですが、証拠の報告が終わったあとも希望すればフォローしてくれます。証拠が揃ってすべてが明らかになったとしても、その後の対応を当人に任せておくとトラブルになることも珍しくありません。
探偵事務所は話し合いが円滑に進むように、お互いの意見を聞きながら方向性を一緒に考えてくれます。第三者が間に入ってくれることで冷静さを保つことができ、二人にとって最善な方法を取ることができます。

探偵事務所への依頼の仕方

探偵事務所に出向くことは勇気がいり、利用したいと思っても足が向かないこともあります。最近ではネットからの申し込みも可能になっているので、事務所に赴くことに抵抗がある場合には助かります。
ほとんどの探偵事務所では申し込みフォームを用意しているので、必要事項を記入して送信するだけで申し込みは完了できます。相談員と顔を合わせることに抵抗があれば、その旨を伝えることで臨機応変に対応してくれます。