パートナーの相手が浮気をしていると思ったときには、行動を知るために、GPS機器を仕掛けるのが良い方法のようです。
GPS機器を仕掛けるのに最適な場所があり、最適の場所の一つには車があります。
車のどこかに仕掛けたら良いのかポイントがあるので、紹介します。
さらに、どんなGPS機器があるのかも紹介します。

どんな場所にGPS機器を仕掛けるのが最適か

浮気を自分で調査するには、パートナーにGPS機器を仕掛けるのが重要になりますが、仕掛ける場所として最適な場所があります。
それは、自家用車の中や、バイク、パートナーがよく使うバックなどの中です。
また、パートナーが浮気するとにに持っていきそうなものに仕掛けるのも方法の一つです。
また、前提として仕掛けるスペースがある場所が良く、ポイントとしては、GPSを仕掛けても目立つ場所ではないところが良いです。
そしてGPS機器の取り外しをすることも踏まえると、車やバイクは最適な場所になります。

車にGPS機器を仕掛けるには

パートナーが乗る車にGPSを機器を仕掛けるという方法があります。
車を持っている人には有効で、トランクの目立たない場所に取り付けたり、車体の下に取り付けられます。
車が良い理由は隙間も多い上に、携帯電話ほどの大きさのGPS機器なら隠しやすいからです。
さらに小型のGPS機器なら車のさまざまなところへ隠せます。
また車外に取り付けるときには対策が必要になりますが、ネオジウム磁石がGPS機器と一緒にネットで売られているので、車体の下にも取り付けることがでにます。

GPS機器の種類はリアルタイム型とロガー型がある

一般的なGPSの機器は二種類あり、リアルタイムでGPS信号を発信し、パソコンなどでチェックできるリアルタイム型です。
もう一つは、機器にGPSの履歴を記憶させ、あとで回収しデータを吸い出すことで設置期間の行動をチェックする、ロガー型です。
リアルタイム型は、リアルタイムでパートナーの居場所を知ることができ、その位置を自宅のパソコンなどで知ることができます。
そして相手の浮気の現場へ行き写真などを撮り、証拠を掴むことができます。
ロガー型は、GPS機器を回収しGPSのログを確認して証拠を掴むものですが、利用することでどこに居たのか分かるので、浮気を疑われる場所を特定できる可能性が高くなります。

関連する記事